プロフィール

縄田 理恵子

 フェルデンクライス・プラクティショナー
 メンタルコーチ
 宇部市出身
 

 九州薬学部卒業後、大手外資製薬会社で約20年間勤務。
その後、起業し全国からがん患者さんが来られる帯津三敬塾クリニックの立ち上げに関わる。

 その過程で体と心の深いかかわりに気付き、心理療法・カウンセリング・コーチングを学び、多くの方の問題解決や目標実現のサポートをした。

 さらに、体からアプローチするフェルデンクライス・メソッドと出会い、学べば学ぶほど、その効果と奥深さに驚いている。  

中国地方で活動している数少ないフェルデンクライス・プラクティショナーの一人。

(日本でフェルデンクライス・プラクティショナーとして活動している人数は、まだ100名程度で、その多くが関東在住です。)

<もっと詳しく>
資格:フェルデンクライス・プラクティショナー、メンタルコーチ、薬剤師、食品保健指導士、産業カウンセラー、キャリアコンサルタント

心・体・頭 からのアプローチで、
 あなたらしい、しあわせな成功を サポートします。

<経歴>
九州大学薬学部卒業後、大手外資製薬会社で約20年間、ポートフォリオマネジャー、戦略企画マネジャー、エリアプロダクトマネジャー、マーケティング企画、ドラッグインフォメーション、学術調査、などを担当したのち、退社し2001年に会社を設立しました。

まず、コンサルタントとして、健康食品会社の顧問や、全国からがん患者さんが来られる帯津三敬塾クリニックの立ち上げに関わりましたが、その過程で、やっぱり心の持ち方が一番大事、と思うに至り、心理療法・カウンセリングを学びました。

心理療法・カウンセリングで多くの方の問題解決・状況改善をサポートしました。
でも、望みを明確にし実現する、という部分の力不足を感じていました。それがないと、せっかく問題が解決したのに、やることがなくてまた問題が起きてしまう、例えば水面下でもがき苦しんでいた船が、水面から顔を出せたけど、向かっていく先がないままそこに留まっているうちに、また沈み始める、みたいなことが起こる感じです。

そんなとき、アドラー心理学をベースとする、平本あきお氏のコーチングに出会い、基本理念が同じ、五感を使うスキルが非常にパワフル、なところに惹かれ、チームフローで学びました。

コーチング、カウンセリング、心理療法、コンサルティング、何でも相談できる、ワン・ストップ・コーチとして活動していました。

さらに、フェルデンクライスメソッドと出会い、体からのアプローチも併用して、より楽で早い変化をサポートしています。体からのアプローチは、本当に変化が確実で速いと、経験を重ねるとともに強く思います、同時にメンタル面のサポートも必須だなあと思います。
 
  セッションのベースとしているのは、アドラー心理学、バイロンケイティワーク、エニアグラム、インナーチャイルド療法、フェルデンクライス・メソッドなどです。

*ワンストップコーチに頼むメリット:
一人のクライアントさんでも、問題にはまったり、落ち込んだり(←カウンセリング・心理療法)、アドバイスが欲しかったり(←コンサルティング)、やりたいことを自分の中から引き出してほしかったり、伴走してほしかったり(←コーチング)、体からもアプローチしたり、時によりニーズが変わります。
そのたびに、カウンセラー、コンサルタント、コーチと人を変えるのは大変です。

状況に応じて最適な方法を選び、最短で最高の成果を上げていきます。

<趣味>フェルデンクライス、エニアグラム、アドラー心理学、バイロンケーティワーク、ひなたぼっこ、散歩、ハイキング、水泳、陶芸など

 

トップへ戻る